Entries

5歳児からの勉強

思い返すと、このブログをはじめたときは、タロウが5歳でハナが1歳の時であった。

そのときの兄の年齢に、妹も到達したわけで。


過去記事を読み返してみると感慨深い…

そうかー、こうやってコドモって大きくなってきたのだなぁ。なーんてしみじみ。。。



そろっそろ、理屈が通用しはじめる5歳。

「都道府県」とか「世界地図」とか、「たしざん・ひきざん」「ひらがな」「パズル」とか「図形」とか。

「おべんきょう」も楽しくなってくる年頃でもあります。


つまり、『世界の取得意欲』=『世界の理(ことわり)を知りたいという意欲』も出てくるのが、5歳あたりだと思うのね。

4歳以下だと、まだ「世界のなりたち」に関して、概念的なところは理解しにくい。

(もちろん個人差はありますが)

そういった概念を理解しだすのが、このあたりの年齢かなという気もしています。



ま、勉強をはじめるのに遅い早いはないと思うけど(やりたい時がはじめどき!)。


個人的な感想を言うならば、


子供が、「世界観」や「概念」を理解しだすと、教える側としても、いわゆる「お勉強」も教えがいがあるし、楽しくなってくるなーーってドキドキ

このあたりから、親子揃って、楽しく、楽しく、家庭学習に取り組んでいくことが、勉強への意欲を育てる要かなぁという気もしています。



赤ちゃんの頃は、「身の回りの世界」をそのまま楽しむことが一番でしたが、
『世界の理(ことわり)』を知ってくる年になってくると、「その先の世界(概念)」も理解できるようになってくる。


さぁ、ここからだぞって思います。音譜ラブラブ

こーーーっからが楽しいんだーーー。



年を経るごとに、育児のステージは違いますが、その都度の「楽しさ」も変わってくる。
どの年になっても、子供との時間を楽しみたいなーーーと思う今日この頃です。




。。。


ともあれ、小学生になるとさ。

「やりなさい=義務」のお勉強が、増えてくる訳。どうしてもね。
そこに溺れさせないためにも、「楽しい=趣味」のお勉強の根っこを、今のうちにしっかりと育てておきたい。

「勉強は、そもそも楽しいものだ」ということさえ、しっかりと土台にあれば、
多少、目の前の問題にミスがあったって、出来なくたって、大丈夫!
「楽しい」気持ちさえあれば、「やる気」に繋がるんですよね。

じっくり、大事にしたいなと。
そう、あらためて思っております。


。。。


焦らず。楽しく。
「出来る」ことにとらわれないで、
「楽しい」ことだけ見て行く。目の前の結果に捕われない。
それが一番大事なんだよ、うん。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。
携帯の方は こちら
をクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム