Entries

「息子と僕のアスペルガー物語」

最近、ふとしたきっかけで巡り会ったウェブ連載があります。

現代ビジネスの、
奥村隆「息子と僕のアスペルガー物語」


いやーー、面白い。
なんせ、面白い。
ほんと、面白い。

読み出したら止まらなくて、ここ数日ドハマりしてしまいました。。



最近、「発達障害」「発達凸凹」といわれる事柄が気になって、色々と本を読み漁っていましたが、その中でも出色のノンフィクションだと思う!

こんな面白い連載が無料で読めちゃうなんてーー。びっくりだわ。書籍化すればいいのに!(笑) 余計なお世話ですね。



最近、何かと話題の発達障害。
その発達障害のうち、「アスペルガー」「ADHD」がある、と診断された、息子さんと、同じ症状を診断されたテレビマンの奥村さんの、連載ノンフィクションです。


アスペルガーなどの発達障害を持つ人の多くは、論理性を好み、数字にこだわりがつよく、「空気を読まない」言動をする人が多いということ。

(奥村さんいわく、テレビ業界は、そういう人たちがたくさんいるので、働きやすい職場だそうです。
私は業界に詳しくないので、あくまでもイメージですが、なんだか分かるような気がします)


読みながら
「あー、その気持ち、分かる!」と思ってみたり、
「全く自分とは思考回路が違うんだなぁ、でも、論理的で相手の顔色を遜色しないでビシバシものがいえる人、気にしない人ってかっこいい」と思ってみたり、
「確かに、そういう対応は地雷だわ。こう言えばいいのに」と思ってみたり。




自分とは全く違う価値観を持つ人の苦悩、生き方、問題の抱え方を知ることは、ある意味ショックでもありますが、だからこそ面白いなぁと。

私みたいな興味本位で読む人間は、失礼なのかもしれませんが、
でも、一読者として言いたいのは、

「私みたいな凡人は、貴方のような頭を持つ人に憧れてもおります」

ということかなぁ。

ひと言で言うなら、
天才に対する、凡人の憧れということでしょうか!!




凡人は、凡人として(多数派であるという優位性を持って)
世の中での生き易さは勝ち得ているのかもしれませんが、
だからこそ、「少数派」として生きにくさを感じている「発達障害を抱える一部の天才たち」を、理解して、リスペクトすべきなのだろうなぁと。


すべての発達障害の人が天才だとは限らないとは思うのだけど、
それでもやっぱり、発達障害の持つひとが多くもつ、「こだわり」は、やっぱり一つの「才能」でもあると思うの。

凡人の一員たる私としては、
理解して、暖かく見守って、ソンはないと思うのね。

お互いに対する理解が深まれば、「凡人」としても、より生きやすい社会になると思うんだ。


「発達障害」に悩む人にも、悩まない人にも。
そんな読み方をしても、面白いのではと思います!




。。。
「みんなちがってみんないい」
やっぱ真理はそこだとおもう。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちらをクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム