Entries

療育センター、卒業しました!

4月ですねー。
世間では消費税アップとか、年度始めとか、エイプリルフールとか、あると思いますが。

初日から全く関係なくw
3月中に書き忘れていた事を書いときます!


えーっと。
先日ですが、ハナ、去年から1年間通っていた療育センターを卒業しました音譜
療育センターでは「卒業」という概念は多分ないので、勝手に言ってるだけなんですけどね

過去記事
「療育センターデビュー」


ハナは言葉を喋るようになったのも少々遅めだったのですが、
「さしすせそ」「つ」の言葉が上手に発音できないことが、ちょいちょい気になっておりました。

まぁ、でも、気にしすぎかなー、
そのうち治るかなー、くらいの軽い気持ちだったのです。

ただ、幼稚園年少のときの担任との個人面談で、言葉の事を指摘され、
(心配するほどのことではなく、一応様子を見ましょうという感じではありましたが)
やっぱりこれは気にした方が良いのかな?という気持ちになりました。

で、ママ友数人に相談したら、療育センターという機関があるのを知りまして。

いわく、

「だいじょうぶだよー。ウチもそうだったけど、療育センターで訓練を受けたら治ったよ!」

とのこと。
本当に有り難いアドバイスでした。



療育は、だいたい、年長(6歳)で受けるのがスタンダードということ。
ただ、すごく予約が多くて、なかなか入れないので、問い合わせをするなら早いほうがいいとのこと。

早速問い合わせましたよ!

確かにすごく待たされた。
ただ、うちは年少(4歳)の最後あたりで問い合わせたので、
余裕をもって待って、年中(5歳)の5月くらいに一度受診して、
(言葉は、耳に某かの問題があってうまく発語できないこともあるらしいので。
耳鼻科の先生に見てもらいました)
耳鼻科的には問題がないことを確認し。
もうちょっと様子を見て、年長(6歳)のときにやはり療育をスタートした方が良いと判断したら、療育をはじめましょう。
という話をしておりました。


しばらく様子を見て、言葉の改善があまりなかったみたいなので、
満を持して、年長の春に、療育をスタートしたという次第です。



で、結論なのですが、ちゃんと治りました!


なので、もし今、同じ症状でお悩みのお母さんお父さんがいらっしゃったら、
心配しないで、と私も言いたい。

(まぁでも、療育に通わなくても治ったよ、というケースも聞くので、あえて療育を受けるかどうかは親御さんの判断次第なのでしょうねー。。ウチは心配だから受けちゃったけど)

。。。


言語療法士さんのレッスンは、週にだいたい1回くらい。
「お稽古感覚で通ってください」と言われました。

ちなみに、療育センターは公共の機関で、医療と同じかんじ。保険はききます。

訓練は、ハナと療法士さんが机を挟んで二人で行います。
私はかならず付き添い、横でじっと見守り業務です。
(これが私にとっては、睡魔との戦いだったw)

舌の使い方、動かし方を訓練していって、正しい発音を学んでいった様子でした。
発音訓練、歌やしりとりを通して言葉を「チェック」していく。


ちなみに療法士さんから言われた事。

「家ではお母さんはチェックしたりダメ出しをしないでください。たいてい子供は怒って、訓練を嫌がってしまいますから。
あくまでも発音を直すのは、この場だけで。それで十分きちんと治りますから、安心してください」


これは本当に有り難いアドバイスでした。
いざ、ハナの発語が気になると、ついチェックしてダメ出ししたくなってしまって。
親が焦ってしまうのね。

でも、どうアドバイスをすれば良くわからなかったので。
舌の使い方、また発語したときのチェックも含め、
プロのアドバイスは、すごく役に立ちました。


ちなみにハナは、4月に通い始めてから12月まで、訓練をして
注意をすれば発語できるようにはなりましたが、「いつも」奇麗な発音にはならない。
ちょっと気になりつつも、こんなものなのかな?と思っていたら、
1月から療法士の先生が「少し方針を変えます」と仰った。
それ以来、見違えるように上手になりました!
それはもう劇的に。


1年間、「お稽古のように」毎週通いましたが、
うちは本当に行って良かったと思います。



。。。

ただですね、一つ注意しておきたいのは、
療育センターの言語療法は、あくまでも「就学前」の子供を対象としているということ。

「就学後」つまり、小学校にあがると、療育センターに言語療法を受けに通うことは、出来なくなってしまうのだそうな。

公立小学校に上がる子の場合、療育に繋がる施設を紹介して、
場合に寄っては、そこで療法の続きを受ける事はできるのだけれど、
私立小学校に進む子の場合はその受け皿がないんですって!
(横浜市の場合ですが)

知らなかった!
なので注意が必要です…

私学に進む子で、どうしても療育を継続させたい場合は、療育センターではなく一般の医療機関などで改めて受診する必要があるのだそうですが、今そういった病院(特に療育に関わる所)の受診は診断予約者がとても多くて、ものすごーく待つ必要があるとのこと。

なので、
療育を考える方、是非「早め、早め」に手を打ってくださいねー。

。。。

最後のレッスン、「卒業!」ってうるうるしてるのは
私だけで、ハナってば先生に向かって
随分とあっさり、バイバーイって手を振ってました。
そんなものかしらね…。
いつか通ったことも忘れちゃうのかも。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちらをクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム