Entries

なぜ、勉強させるのか?

昨日の記事の続き。

「なぜ、子供に勉強をさせるのだろう?」
子供を持って以来、ずっとずっと考えてきました。
風をつかまえた少年/文藝春秋

この本を読んで、改めて、しみじみと考えちゃった。

ウィリアム君の場合は、まず先に「貧しさ」があった。
貧しさ故に、「なんとかここを抜け出したい」というハングリー精神があった。
第三諸国の場合、そういう人たちの熱意たるや、先進国の「ぬるい」環境にいる人にはかなわないものがあると思う。


でも、先進国の子供たちの場合、どうなのか?
恵まれている環境で、「ぬるい」環境にいるなかで、
幸いな事に、ハングリー精神を感じずに成長できる、そんな子供たちは、どのように克己心を保てばいいのか。



私は、個人的に、
子供に勉強をさせるモチベーションを、
「いい学校に行くために」「いい職業につくために」
と位置づけるのは違和感があるなぁと思っていました。

学歴…?それだけじゃーないよね。
もっか中受勉強中のタロウの事を思えば、
学校は、もちろん合う所を目指したいところではあるけど、それ以上でもそれ以下でもない。
そうはいってもこの厳しい社会で生き抜くために、どのようなモチベーションで子供に「教育」「勉強」を動機づければいいのか。


色々と考えていたんですけど…、最近、私なりの結論に達しましたの。

なぜ、勉強をしなくてはならないのか?それは、
「人類の平和への貢献」のため。



だいぶ、大上段になっちゃったけど(笑)
大真面目よー。


これは、子供をどう育てたいのか、という自分のポリシーに通じるところもあるのかもしれない。

私は、基本的には勉強というものは楽しいもので、子供には、その楽しさを伝えていこう!というスタンスではありますが、
一方で「義務」としての勉強を捉えた場合。
子供に「なんで勉強しなくちゃいけないの?」と問われたならば、
こう答えようと。心に決めつつありますDASH!



なぜかというと。

たとえば、物事を良く知り、多面的な物の見方を学べば、人を偏見で見ることも少なくなる。
逆に言うと、多面的に見る事ができない、学びの少ない人が、偏見を起こすのだとも思っています。

しかし、偏見を起こす人たちも言い分はあるかもしれない。
でも彼らの心理も、歴史を学ぶことで考えることが出来る。

世界には、民族同士憎しみあって、戦争に発展することも多々あります。
宗教の対立もふくめ、沢山の人たちが、無知や思い込みで憎しみあっている。
無知故に、憎しみ、虐待され、良いように利用され、死んでいく人たちも沢山いる。

その上で、どうすればいいのか。
理念や考え方の違いを乗り越え、和解する手段はあるのか。
なぜ、戦争が起こるのか。
政治を知り、世界の情勢を知れば、その仕組みも分かる。
誰が何を考えて、政治を動かしているのか。
日本は、どのように動くべきなのか。
マスコミは、なぜこのような報道をするのか。

学べば学ぶほど、自分の考えを構築していくことができます。


詐欺師に騙されないために。
都合の良い煽動に動かされないために。

人のいいなりでなく、自分なりに考えて、生きていくために、
自分の足で立って歩いていく、「教養」「知恵」を付けていくということ。
それが「勉強」だと思うのです。

科学はなぜ成り立ってきたのか。
宗教はなぜ成り立ってきたのか。
人類が、宇宙開拓をすすめるのはなぜか。その是非は?

そんなことも、教養をつけることで、討論したり考えていくことができる。
自分の、社会の、日本の、世界の、幸せを考えていくことができる。


もちろん、自分の立身出世のために勉強をするというのもアリアリだとは思いますが、
それはあくまでも、各論。

大きなビジョンとしては、まさに「人類の平和を考える」ことを、
勉強の本来のモチベーションとするべきなんじゃないかなって!


。。。

そんなことを考えていた折。
ちょうど塾の宿題で、「地方の特産品」単元のプリントに苦戦していたタロウが、


タロウ困り"
「ねーお母さん、石川県は漆器の産地とか、京都は西陣織とかさー…
こんなこと、勉強してなんの意味があるの? ボク全然興味ないんだけど!


こんなことを言い出した。



私怒り諭し
「ナニいってるのあなた!
日本の特産品、伝統工芸品、大事だわよ。
たとえば、外国の人に日本の文化を説明するときにも役立つじゃないの!
日本の文化をきちんと説明して、そして外国の文化も理解する。
そうやって相互理解がうまれる訳よ。

そのためにも、日本の伝統工芸品は、きちんと理解する必要性はあるでしょー」


なんて、思わず力説しちゃったんですけどね(笑)

タロウ真剣
「そっかー、確かに」


納得してくれてよかった(笑)


世界平和のためには、相互理解が必要。
相互理解のために、少なくとも、自国のアイデンティティー、歴史はきちんと学んでおかなくてはならないよね。

世界平和のために、日本の伝統文化も学んどけ!少年!!!



。。。
しかも子供って、案外「平和」に対するアンテナが敏感。
平和の大事さは、子供の方が良く分かっているのかも、
と思うくらいです。
立身出世は大人の本音だけど、
子供が本当に欲しているのは「平和」なんじゃないかなぁ。
勉強のモチベーションとしては、
こっちのほうが納得しやすいかも。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちらをクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム