Entries

大事なのはモチベーション(と、体調)

やっとタロウの期末テストが終わりました〜〜

数ヶ月前の中間テストでは、テスト2日前にして38度越えの発熱でダウンしてしまったタロウ。
一日休んでなんとかテスト日には学校へ行けたものの、散々な結果だったのでしたorz

テストって、入試もそうだけれど…
臨むにあたっては体調管理が第一ですねっ!!

最近彼はこの寒いのに部屋のなかでTシャツ一枚、パンツ一丁でウロウロしていることが多くって〜。
私も面倒であまり注意もしていなかったのですが(^^; 
そもそも、考えてみたら中学生にもなってパンツいっちょでレディ(娘&私ですけど何か)の前でうろつくっていうのは、どーなのよ。

この教訓をもってして

「服!!! ふ〜く〜を〜きなさ〜〜い!!! またテスト前に倒れたらどーするつもりよ💢」

と怒ることにしましたわ。

以前は聞く耳持っていなかったタロウですが、テスト前に熱を出したというのは本人的にも痛い経験だったみたい。
素直に服を着るようになりました。

もうイチイチ私も服を着ろとか脱げとか言いたくないんで、
体温調節、着るもの調節は自己責任でやってほしいモンです。
(でも言わざるを得ないんだけども)

「風邪をひきたくなければ服を着るべし!!!」

この教訓、身に染みて伝わったのかな(あ〜、レベル低っ!!)
そんなこんなで、なんとか無事にテストを終えることが出来て一安心です;


。。。


タロウの成績については、
1学期2学期を通じて最近は「目も当てられない悲惨な状態」は抜けられたかなぁと、なんとなく感じています。

1学期の英語は本当に悲惨で、「授業が全く分かっていない状態」が積算されて抜け出せない危機的な状態でした。

がしかし、本人はその現実を直視できず、
「もう少し頑張ればなんとかなる」と思い込んでいて、先生のアドバイスも、私のアドバイスも聞き入れない状態だったのね…。


「今のアナタはほんと〜にヤバイ。アドバイスを素直に聞き入れて、指導を受け入れるべし!
 この状態を抜け出さないと、雪だるま式にどんどん分からないことが積もって行って、ホントに高校には上がれなくなるよ!!」


という趣旨のことを伝えたのが1学期の終わり。

担任の先生にもご相談したところ、親身になってくださって、急遽個人面談してくださいました。

先生からも同じ趣旨の事をじっくりと仰って下さり(私だけでなく先生からも言われたのが彼にも効いたのだと思います)やっと私のアドバイスを聞き入れるようになりました。

で、ここから私の本格的な介入を開始!
夏休みは一緒に英語の教科書を開いてじっくり読んで、勉強に付き合いました。

毎日欠かさず教科書の音読&口頭での和訳、単語帳作りのチェック、単語チェック、英作文テスト。
みっちり、みっちり。

ま〜、それで分かりましたが、
確かにビックリするくらいに英語の基礎が分かっていなくて、こりゃ〜点数とれないわ〜って。
入学して数ヶ月で、クラスメイトにマッハで置いて行かれてた様子が良くわかった(笑)


もう笑い話ですが、
英文法の基礎のところが「なぜ、こうなるんだ!構成が変だ!!理屈に合わない!納得いかない!」ってイチイチ暴れる(笑)

あのさー、
なに?英語の成り立ちに納得いかないって?
ラテン語の語源からやりたいの?
そんなに納得いかないなら、大学の英語科いって研究してちょーだい!
シノゴノいってないで、このパターンはこうなんだから。
残念ながら語学の初歩の初歩というのは、暗記です。暗記暗記暗記。
英語圏の人々が長年かけて培ってきた英文法というものを、外国語圏の人間が学習するんだから違和感あったって仕方ないでしょ。そもそも日本語の用法だってイレギュラーなものがいっぱいあるんだから、英語にだってあって当たり前。
理屈抜きに覚えろ!!つーの!!


↑このやり取りを何度したことか。ああ、疲れる。




しかし、しばらく奮闘したおかげで「最近は授業が分かるようになってきた〜」というようになったのが2学期のはじめくらい。
以前の「どこか他人事」という態度が消えて真摯に勉強する態度が見えるようになってきました。

じゃぁ、そろそろいいかな?と。
私は忙しかったこともあり、勉強への介入を少なくしたんですね。

そしたら、また小テストの点数がガクーンと下がった。




「ねぇ、お母さんが勉強を見なくなったところから、単語小テストの点数悪くなってるよねぇ?💢
 これってなぜかわかる?」

「…ぼくのやり方が甘かったからかなぁ…」

「わかってんじゃん!(笑)」




「じゃぁ、どうする? お母さんがまた単語チェックしてあげようか?」

「いや、いい。自分でやるから」




↑このあたりから、自覚が出てきたのかも。
小テストの点数も少しずつ良くなってきたような気がします。


悪かったときも、

「あ〜、悪かった!最悪! 三単現のSをつけ忘れちゃったんだ!!」

などと悔しがって原因が分かっている様子だったので、まぁこれなら大丈夫かなと。




とはいえ、たまにどれどれと私が見てみると、まだまだ甘いところがあって…
「四角い廊下を丸く掃く」的な。
抜けが沢山あることも事実!

まだまだ、甘〜〜〜い!!と言いたくもなりますが、でもね〜。
我が身を振り返って見ると、私も中学時代はそんな感じの勉強方法だったなぁとも思えるので。
成績は振わずとも、自分のやり方で取り組んでさえいれば、そのうちなんとかなるかな?と💦


例え低空飛行でも、単元のおおまかな内容を理解して、目的意識をもって勉強できるレベルくらいまでは持ち上げることは出来たかな??という印象です。。





大事なのは、テストで「良い点数を取る」ということではない。

目指すべきは、自学自習であり、それを成し遂げるためのモチベーションなのですよね。




モチベーションを維持するためには、まずは自分で「底」を見る事が大事。

「あ、このままじゃヤバイ」という意識を持つもらうために、1年生のこの時期に「ヤバイ」状態になったのは良かったかなぁと前向きに捉えるようにしたいと思います(笑)



って言って、期末の結果がまたドン底悪かったら考え直すかもしれませんが〜〜💦

それにしても、タロウの頑固でこだわりが強くてマイペースな気質は、中学に入っても相変わらず(笑)
三つ子の魂百まで!というか。
塾のときも成績の乱高下が激しくヤキモキしましたが、なかなか気質というものは変わらんもんですのぅ。


今の所は「学校が大好き!」「友達大好き!」「部活も大好き!」という気持ちがモチベーションとなり、勉強も頑張っている様子です。
良い仲間に巡り会い、お互いにリスペクトしあって、刺激を与え貰いあっているのは有り難い限りです。

あとは成績アップするにはどうすれば良いのか。という作戦なども手綱を自分でにぎってコントロールしてほしいもんです。

。。。


お帰り前にポチッと。今日は何位?

お母さん、火って何から出来ているの?

クリックで応援お願いします。

携帯の方は こちらをクリック!



スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム