Entries

物理学者になるためには?


少し前のことですが、私の以前いた会社の同期のIさんと、久しぶりに会おうよ!ということになり、我が家とIさんファミリーで江ノ島までお出かけをして、ランチをしてきました。

Iさんは日本最高峰のN高校からのT大学出身で、しかも物理を専攻していたという、タロウにとっては、「神」的な存在(笑)
SNSなどで物理が好きなタロウのことを話していたら、色々と気にかけてくれていたので、「機会があったら、いつか会ってやって〜」とも言っていたのですが、有り難くも都合が合い、ファミリーランチとなった次第です。


相変わらず、物理学や科学の分野に憧れを持っているタロウですが、せっかくの機会を意識しているのかしていないのか…
結局、Iさんの幼稚園生のお子さんAくんと、ハナと一緒にトランプで大富豪をしていたり、浜辺でAくんのために遊ぼうとした凧揚げにタロウのほうが夢中になってしまったり(失礼しました…)、キャッキャと遊んでおりました(^^;


それでもIさんが、タロウと直接色々言葉を交わしてくれて、アドバイスをしてくれたりもして、有り難かったです〜〜。

実際の研究事情、
プロジェクトの種類によって、その規模、人員の数も違うこと。
たとえば、大きく有名なプロジェクトの場合は、たくさんの研究員が関わるので、そこに埋没されてしまうという弊害もあるかもしれない。
逆に、小さなプロジェクトであれば、そういうストレスはないかもしれない。
でも、そういうことをやりたいかどうか?

自分が、どの分野で、どういう事をやりたいかによって、方向性が違う。ということ。


確かにね。
「しっかりと、どのステージにおいても、自分のやりたいことを見据えて進路を考えていく」ということは、
それは、どの分野でも、どの業界でも、言えることかもね〜。

他にも、Iさんの研究分野や、進路の変遷など。
具体的な生の声を聞かせてもらえて、とっても有り難かったです!!


「タロウ君は、すごくはっきりした意志があるので、きっと大丈夫だよ」


ホントかな?(^^;  でも、ありがと〜〜。



えーと、あとは、勉強さえ…がんばってくれれば…。(特に、英語…|ω・`)

IさんのようにT大学に行けるなんて毛頭思ってはおりませんが、本人の希望の仕事が出来るくらいには、頑張ってほしいなぁ。



180325.jpg
ランチの帰りに、浜辺で凧揚げ。楽しかった♪


子どもは大きくなるにつれて、
親だけでなく、色々な方の力やアドバイスで、育てていただくものだな…としみじみ感じます。

本人がちゃんとそれを吸収しているかは未知数ですが(^^;

出会いは一期一会。
親が出来ることは限られてくるけれども、
色々な言葉や出会いに感謝して、成長してほしいな〜〜。

。。。



お帰り前にポチッと。今日は何位?

お母さん、火って何から出来ているの?

クリックで応援お願いします。

携帯の方は こちらをクリックしてね!


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム