Entries

ひらがなのれんしゅう(ハナ)

兄の影響なのか、最近ハナもひらがなの練習に熱心です。

以前購入したままで放り出していた、このドリルを取り出して「やってみる?」と言ってみたところ、ノリノリで取り組むようになりました。
はじめてのひらがな1集
¥693
楽天

※モバイル非対応


おう、頑張ってる頑張ってるーー
お母さん、火って何から出来ているの?


つったって、こんなんですけど!


お母さん、火って何から出来ているの?

薄っ!!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

筆圧が弱いんですね。まだまだ。







お名前だって、頑張って書いてます。
お母さん、火って何から出来ているの?





つったって、こんなんですけど!


お母さん、火って何から出来ているの?

え?字? マルだマル。
(ひらがなの練習をはじめる前に、文字を意識している子がよく書くパターンです)






そうこうするうちに、自分が書くのに疲れると、「ママーてー!(やってー)」と言って、私にひらがなを書かせて、傍でハナが見守るというのがいつものパターン。

ま、いいか…、と言われるがままにつき合っています。





子供とドリルを取り組むときに、私なりに気をつけていることがあります。

それはぶっちゃけ「どーでもいい」って気持ちになることです(オイっ)



いや、実際ね。
親が熱心になりすぎると、自滅しちゃうんです。

姿勢を正して、とか、鉛筆は正しくもって、とか、ドリルは最初から取り組まなくちゃ、とか、そんなやり方じゃダメ!とか。

言い出しちゃうと、親はイライライライラ…しはじめちゃうんですよね。(経験済みですw)

子供はドリルも遊びの延長だから、やりかたも気まぐれだし、メチャクチャなんですよね。

でもそこで親が気構えちゃって、「それじゃダメ」「もっとこうして」ってリードしようとすると、親がイライラしちゃうし、結局子供もつまんなくなっちゃう…と私は思います。


なので、「ま、いいや」「どーでもいいし」という気持ちでいることが、気楽でいいなぁ、と。(笑)




ま、別に、今やらなくちゃいけないことじゃないし!



って思える事が、先取り勉強の一番のメリットだと、私は思っております(はははっ)





ま、そんなこんなで。
ハナはひらがなの勉強を楽しんでおります。


でも、タロウなんか、ひらがなをやっとこやっとこ書き始めたのなんて、年長になってからくらいだったからなー。
(タロウはひらがなは読めたけど書けない時期が長かったです。なかなか彼自身うまく書けないのが歯がゆかったのか、しょっちゅう口述筆記させられてました)


タロウに比べて、ハナはだいぶん文字に対して意欲的。
男女の違いかしら?それとも下の子の特徴?


。。。
まだまだ先は長い。
ゆっくりゆっくり進みます。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちら をクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム