Entries

読書感想文に苦労・苦労

はーーー、やっと新学期が始まりました。
いつもの生活ペースが戻って来て、寂しいような嬉しいようなほっとしたような、今日このごろです。
(といっても、ハナは変わらず私とベッタリなので身動き取れないのは変わらないのですが!イヤ、兄が去った分私の負担は増えたのかも?)

クリアファイルに一杯の宿題を詰めて、学校に旅立ったタロウ。
ふぅ、やれやれ・・・ という感じなのですけどね。


読書感想文! 

振り返るに、アレ、どうでしたか!? 世の小学生母の皆様!!


はじめての「読書感想文」、もー、ウチも大変でしたよ。
てか、主に私のストレスだったのだけれども。


なんせ、ひらがな練習以外に、そして工作を作る際に発生する文章以外に、マトモに文章を書いたことなんてなかったタロウですから。
ましてや、本を読んだ「感想」なんて、「おもしろかった」「たのしかった」以外のボキャブラリーを出してこなかった訳だし。(そもそも求めてもこなかったのだけれども)

そこでイキナリ「本の感想を書け」(しかも文章沢山!)と言われても、そりゃー無理って話なわけですよね。


でも、宿題としてヤラナクチャいけないという、厳然たる現実は目の前にある訳で、どーにもこーにも。やらなくっちゃ始まらない。


なので、

お母さん、火って何から出来ているの?
「ほら!読書感想文の本、何にするの!?もう決めたの!?読んだ!? 今日こそやんなさいっ!」

とか急かすんですけれども。


本を読み始めたら読み始めたで、帰ってこないし。
お母さん、火って何から出来ているの?
読了したのか課題図書は床に放り出し、別の本(マンガ)読み出してた…


お母さん、火って何から出来ているの?
「こらーー! 他の本読んでるんじゃないっ! 感想文、書きなさいっ」



書き始めたらフリーズしてるし。
お母さん、火って何から出来ているの?
いらいらいらいら


フリーズの果てに、訳分からなくなったのか、机から逃亡してるし。
お母さん、火って何から出来ているの?




てな具合にもう、疲れ果てました。
そもそも、やる気のないヤツに何かを強制してやらせるって、もうハンパない労力。できればやりたくない!





でも多分、思うにね。
フリーズするのは、やる気とかどうこういう以前に、書き方が分からないからなのではないかと、思うのです。
書き方が分からず、何を書いていいのかも分からず、白い原稿を前にしてたら、そら子供でなくっても逃げたくもなりますって。

気持ちは分かる…んだけれどもさ。



とはいえ、放っておいて「書きなさい」だけではゼッタイに進まないので。
私は横に居ながら影武者のように、フォローに徹しました。
お母さん、火って何から出来ているの?

「まず最初に、『○○を読みました』って書くのよ。感想文なんだから、それが分かりやすくっていいでしょ。

 でもこれを読むひとは、この本を知らない人が多いじゃない。『ん?それって何の本?』 って思うとおもうのよ。
 
 だから、次にはその本について説明しなくちゃ。どんな本なの?
 
 …あ、そう、じゃぁそれを書いてごらんよ。

 で、それを読んでタロウはどう思ったの?

 …『おもしろい』だけじゃ話おわっちゃうよ、紙はまだこんなに残ってるし!

 何が面白かったの? どういうところが面白いと思った?

 …あ、そう、じゃぁそれを書いてごらんよ。

 で、他にどんなこと思ったの? 

 …ああ、いいじゃない、それを書いて書いて。あっその字間違ってる!


てな、こんな具合。
読書感想文の出来とか、構成とか、もう二の次。

どげんかせんといかんなぁと。痛感した次第なのであります。

作文の指導って、難しい。



。。。


ちなみにタロウが今回課題図書に選んだのは、この本でした。

ウイルス!細菌!カビ!原虫!―微生物のことがよくわかる「20」の話/ヘールト ブーカールト
¥1,470
Amazon.co.jp

まぁ彼らしいっちゃ彼らしいチョイスなんだけれども(^^;
(学校から『お話』の本を選んでください、という指導はあったのだけれども、これも一応『お話』なのでギリセーフかと)


完成文章↓

影が移り込んでいてますね;みにくい写真ですみません
お母さん、火って何から出来ているの?
「ウイルス!かび!さいぼう!げんちゅう!」

「ウイルス!さいきん!カビ!げんちゅう!」というほんは、びせいぶつのことがたくさんのっているほんです。
 びせいぶつとは、めにみえないくらいにちいさないきものですが、けんびきょうでみると、まるで、ゆーふぉーみたいなかたちや、ひもみたいなかたちがあります。
 そういうことをしって、ぼくはびせいぶつはすごいなーとおもいました。 それで、びせいぶつのことをもっとしらべたいなーとおもいました。それをおもってウイルスのじてんをよんでいます。
 そして、ウイルスはかぜなどをおこすからみんなもウイルスにまけないようによぼうせっしゅをがんばってね。


。。。



ちなみに、厳密にいうと「ゆーふぉーみたいなかたちやひもみたいなかたちがある」ウイルスの形状については、この本では触れられていないのですが、まぁいいやそんなことはどうでも(オイっ)

しかも最後に、なぜ呼びかけで終わるのかっつったら、笑うしかないんだけれどもさ。

出来をどうこう言う気力も無い・・・ガーン





そんなこんなで、やっとこさっとこ、なんとか終わった読書感想文の宿題。

とりあえず、彼の文章力向上のためにも、どうにか対策しないといけないなぁと。
ワラにもすがる気持ちでこんなドリルを購入してみました。

小学1年のさく文
¥599
楽天

今、1/3くらい進めているところですが、なかなか面白いです。
このドリルの狙い、そしてこのドリルをやっていて気づいたことなどは機を改めてまた別のエントリーで書いてみたいと思います。



。。。

文章力って、やはり大事ですよね。
かくいう私も、大学受験のときに『小論文』の科目でおもいっきり蹴つまずき、そのまま立ち上がれなかったという苦い経験があるので。
やはり子供にも文章力、文章構成能力はシッカリつけさせておきたいなぁと気持ちがあります。

小手先の文章テクニックというよりも、文章の組み立て方、ひいては論理の組み立て方をしっかり構築させたい。

感想文コンクールで評価の高いような美文を目指すというより、もっと地道なところで、破綻のない文章、しっかりと考えさせられる文章、自分の考えをまとめるための文章、人を説得できる文章を目指したい。

しばらくは模索の日々が続きます。



。。。


私の経験談ですが、人の評価を気にした文章、「受け」を狙った文章というのは
結局最後には自分でも何を書いたらいいのかが分からなくなり、破綻します。
目指すのは「何を書いたらウケるか」ではなく、
「自分は何をかきたいのか、伝えたいのか」をしっかりとみつめ、文章を構築して行く事。
それが、「一生使える文章力」になるのではないのかなと。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちら をクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム