FC2ブログ

Entries

父と一緒にプラモデル作り・最終回

この記事は続き物です。以下の記事からご覧下さい

プラモデル作りから学べる事
父と一緒にプラモデル作り・その1
父と一緒にプラモデル作り・その2
父と一緒にプラモデル作り・その3
父と一緒にプラモデル作り・その4
父と一緒にプラモデル作り・その5

。。。

お母さん、火って何から出来ているの?
お母さん、火って何から出来ているの?





と、勇猛果敢に(意地で?)挑んだタロウ。








そんで、









お母さん、火って何から出来ているの?


重要部品ナシで、すべて完成!!

おお、すごい!よくやったねぇ、タロウ。










5分で壊れたけど。
…やっぱ、重要な接続部品が無くなっちゃーねー痛かったねーー(ノ_ゝ`)ペシ











ま、ともあれ、完成まで(強引に)もっていって、
本人が納得したんだったらソレでよかったかな、と。

お母さん、火って何から出来ているの?



ひとしきり完成したプラモデルを愛でたあとは、私からこんな話をしました

1)プラモデルは一つ一つの部品が小さい上に、外れやすい(なくしやすい)から、取り扱いには注意しなくちゃいけなかったね

2)だから、箱は開けないほうがよかったねー、部品なくなっちゃうからね

3)タロウは箱を開けるときに注意できたかもしれないけど、それをハナの前でやると、ハナもマネしちゃうから。だからハナの前で箱をあけなければよかったね




彼もなんとなく、納得していた様子。
私も気づきませんでしたが、これって、大事なことだったと思うのです。



つまり、
準備段階からの見通しをつけ、リスク回避をする
ということ。



やっぱり、こういうことって、体験しないと分からないですからねーーー。

この大事さを、親子で学んだかなーと。
(今回の場合は、主にハナの行動パターンというリスクを配慮していなかったのが敗因だったかもしんない)




ダンナ顔たて線汗
「だから言っただろ。オレは最初からそう言っていた」




と、ダンナはそう言ってましたが。
ま、それはそうなんだけどね…あせる



やっぱり子供にとって、「実際に失敗してその大事さを実感する」ということは必要だと思うのです!

小さな失敗を前もって行うことで、より実感をもって学び、将来の大きな失敗を未然に防ぐ予防線を作ることが出来る。ということ。


これ大事だと思うー。










って、何度も何度も失敗を繰り返している私が言いますヨ。

その失敗は糧になっていると…!!信じたいっ…! イヤそうであるに違いないっ。







ともあれ、ぬるーくつき合ってくれた、ダンナにも感謝です。


。。。


「父とプラモ」シリーズは今回で終了です。
おつきあいありがとうございました!
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちらをクリック!
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


全編漫画を描きました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム