Entries

アラフォーからの哲学入門・その2

私の出身大学は、都の西北の、沢山のバカと頭のヨイ人たちの集まる早稲田大学というとこです。
(ワセダの位置づけとしては、KOはライバル関係でオラのほうが良いと主張しw、トーダイをうらやむ立場、かな? ぶっちゃけホントの天才は東大にいってたかもしれない…。私はようやくワセダにひっかかった部類でしたが、東大落ちでしぶしぶワセダに来た人、仮面浪人で東大狙ってる人もわんさかいた。政経学部に多かったな)

振り返ってみると、大いに羽を伸ばし、沢山の体験をし、バカをし、バイトもし、友人に恵まれ、楽しい学生生活だったなーと思ってます。
(て話をダンナにすると、すごく彼は怒るんだけどw ダンナは理工学部で、課題と勉強に追われてそんな学生生活エンジョイするどころじゃなかったらしい。「学生の本分は勉強だ!文系学部の学生がそんなバカをしてばっかりだから、大学生が馬鹿だって言われるんだ!」というのが彼の主張。スイマセン)

大学はマンモス校だったし、沢山の留学生も集まってました。
帰国子女も沢山いたし、クラスメイトに必ず一人は留学生がいたし、今でも連絡を取り合っている外国人の友人もいます。
で、私は国際ビジネス関係のゼミを選択し、サークルは留学生支援をするサークルに入ってました。

そんでもって、何が言いたいかというと、そんな経験を通じて、沢山の「外国人」に接することが出来ました。
でも、この場合の「外国人」って、西欧から来る人々ではなくて、アジア各国の人々が多かった。
西欧から来る人々は、「留学センター」に集まることが多くて、これは私たちの一般学部の学生とはあまり接点が少なかったんですね。
(留学センターは外国人用に門戸を開放していて、敷居が低かったんだと思います。その分留学生は多かったけど、滞在する期日は少なかったし、留学生は留学生同士固まることが多かった。あくまでも20年くらい前の話ですが)

机を共にし、一緒に遊びに行ったり、一緒のゼミになったり、そんな外国人は、アジアの学生が多かった。
私の友人知人を含め、知ってる留学生は中国人、マレーシア人、台湾人、韓国人いたけど。
彼らは、母国の大学を卒業し、日本にやってきて日本語学校に通い、それから大学入学試験を経て、大学に入って来ていたのですね。
それだけの関門を経ているのだから、皆優秀だし、勤勉でした。

台湾人の友人と、一緒にヨーロッパへ旅行しに行ったこともあります。

そのとき、日本のパスポートを持っている私たちは入国審査をほぼスルーパス状態で通れるのですけど、台湾の友人達はいつも留められ、質問を受けて時間をとられてました。
なぜ台湾人が日本人と一緒に、ツアーで来るのかということが審査でイチイチひっかかってたんですね。
友人いわく、「台湾のパスポートは弱い。(中国と台湾の関係で。中国は台湾の独立を認めていない立場だから)比べて日本のパスポートは強いよ」と。

そんなことで、日本のパスポート(そして日本)が有り難いのだなぁと思ったこともあります。

在日韓国人とも知り合いました。
彼らの苦悩、受けて来た差別、境遇、そして在日韓国人(朝鮮人)の団体についても、知ることになりました。



そんなこんなでね。
何が言いたいかというと、私はそんな経緯で、アジア各国の人々と、私なりに接して来て、彼らのことを知るようになったということです。

結論からいうと、外国人、中国人も韓国人も台湾人もマレーシア人も香港人も

「イイ人もいる。 悪いやつもいる、きっと。(私の周りにはいなかったけど)
 ムシのすかないやつはいる。 でも尊敬すべき人もいるし、ステキな人もいる」

ってことです。

ま、これ、日本人でもそうだけど! 

つまり、ひとそれぞれ・・・ ってことですよね。



それが、私の国際感覚。(ほんとか?)






私自身、アジア各国にも色々旅行に行くようになったりして、アジアの友人も通じて、そういう風に思うようになったのですが、ところがですね。

これが、その1から続く話なんですが。
今のネットを放浪していると、アジア各国の人々への罵詈雑言が多いことに、すごく心が痛くなってしまったのです。
また、在日外国人への差別、誹謗中傷も多いこと。。。

なんだかねぇ、すごく、気持ちが悲しくなってしまって。



罵詈雑言を投げるひと、また「ネットのうよく」の人、「本当の日本人」像を掲げるひとの主張も読み、理解は出来ます。

私だって、日本という国に誇りを持ってます。正々堂々と生きたいです。
歴史認識がどうとか、それぞれの主張はまだよく分からないけど(証拠が必要だし、そもそも何を持って証拠とするか?)
自分の悪口を言うヒトがいれば、そのヒトが嫌いになる。
外国から日本が蔑まれれば悲しいし、腹も立ちます。

でもさ。ダレソレという歌手が韓国人だからって、在日外国人だからって、蔑む対象でしょうか?
主義主張が気に喰わないから、その作品や人格すら嫌悪するところなのかしら?

誇りをもった本当の日本人って、それでいいの??
本当の誇りって、なに? 他人を、他国を落として、自分は上がれるの??



そんなことをね、夜な夜なクヨクヨクヨクヨ、思い悩んでいた訳です。
我ながら、バカだねーーって思うんだけどもさ(笑)

対岸の火事として、やりすごせればそれでも良いのだけど。
私は、これまでの外国人の友人も頭に浮かび、悪口を言われている人の、その人たちに気持ちを馳せてしまうのです。

もし、自分だったらどうだろうか。
逆の立場だったら??



で、ここに至って、

「ほんとうの国際感覚って、なんだろう」

と思うように至った訳です。

これまで私が培って来たような、個人的な人と人とのおつきあいではなく、国と国としてのおつきあい。
日本の国としての主張もふまえ、日本人として、日本人の立場で、どのようにふるまえばよいのだろうか、と。


はー、また長くなっちゃった。
これまで心の奥底で、ずーっと思い悩んでいたことをイッキに綴ってみました。まだまだ続くよ!w

。。。

我ながら、よく悩む性分ですw
しかし悩むことはキライじゃない。
悩み続け、考え続けることで見えてくる新しい平野があると信じてるから。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちらをクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム