Entries

好奇心の種は、どこに落ちているか分からないという話

さて先ほど、タロウがこの番組に夢中、という話を書きましたが。

有野課長が「超魔界村」に挑戦、という回を見ていた時の話です。

超魔界村/カプコン
¥8,925
Amazon.co.jp


魔界村というと、スーパーファミコンのアクションゲームの名作…らしいですね。
私は名前だけは聞いた事あったのですが、プレイした経験はありません。(トロいからアクションゲーム苦手なんです)

で、タロウといっしょにみてたんですけどー。



有野課長がゲームをしている画面上に、敵キャラで、「ヒュードラ」というのが出て来ました。


タロウ真剣
「ひゅーどら…」

と呟いたタロウ。


「あ、そういえば、ぼく同じのもってるー!」

と、おもむろに自分のオモチャ箱をひっくりかえしはじめまして、

タロウキャー
「これみて!ぼくのバクガンにも、ヒュードラってあるよ。いっしょだ!!」

お母さん、火って何から出来ているの?
そいつがこれ。「アルファード・ヒュドラ」だそな。


ほほう、それは
いいところに気がついたねぇ、タロウ。


で、すかさずわたくし、自分の本棚からこんな本を持ってきました。

世界の「神獣・モンスター」がよくわかる本 (PHP文庫)/著者不明
¥680
Amazon.co.jp
なぜこんな本が首尾よく本棚に入ってるかって?それは私のシュミだから!w


ページをパラパラめくってみると…確かにありました!「ヒュードラ」の項目。

私にこキラ
「見てみて。そもそも、ヒュードラっていうのはね、ギリシャ神話に出てくる伝説の生き物なのよ。
 だから、ゲームとか、オモチャを考えた人も、同じヒュードラって名前で、モンスターの名前をつけた訳。おもしろいよね!」


と、わたしゃココゾとばかりワクテカで話しかけてみましたが。


タロウ真剣
「ふーん…」


結局彼は、今ひとつの反応であった。



ちっ。






でもさっ。タロウの着眼点はスゴク私的にも目からウロコでした。
そうそう、たしかにね。こういうゲームとか、オモチャの名前の由来には、神話のモンスターから来るものもあったりして、そういう由来に興味を持って、調べてみれば、世界の民話や神話に興味を持つきっかけともなると、思うのですよね!!



子供の興味の発露って、どこから来るのか分からない。
そんな好奇心に、私はすかさず付け入って、知識を植え付けてやりたい。


最初はイマイチな反応でも、その後のプレゼン次第で子供の好奇心が花開くことは、実証済みな訳であります。
だから、子供が「そのこと」に興味をもつかどうか、ってのは、タイミングとプレゼン次第!!
と、私は確信しています。

(過去記事…私の趣味的な知識に子供を全力で引きずり込んだその記録)
萌え萌えウイルス
ウイルスの魅力を彼に伝えよう作戦
ウイルスたちのスゴイ生態
恐怖の病原体図鑑
「病気にならないための身体を守るしくみ辞典」/子供が出すアンテナのサイン
「ウイルスの不思議」/タロウ作ウイルス絵いろいろ

ちなみに今は、ウイルス情報はタロウ的にはブームが過ぎ去ったらしく、小康状態ですが。たまに何かのきっかけで燃え上がるようです




思うんだけれどもさ。
世界は面白い情報に、満ちていると思うのです。
知らないと、通り過ぎてしまうような世界も、その世界を知っている大人がチョット道案内をしてあげると、その道は開けてくる。


かつて、虹色教室の奈緒美先生が、化石の見つけ方を教えてくれて、彼にワクワクを教えてくれたように。
(過去記事「ほんとうの宝物」
そのきっかけは、どこに転がっているか分からないのです。


だから、私はそれを注意深く見守って、子供たちの好奇心の窓を開けてあげる、お手伝いをしてあげたいなと。


そのきっかけは、ゲームだろうと、オモチャだろうと、テレビだろうと、マンガであろうと、何であってもかまわないと思うのです!
むしろ、「大人が害悪だと思っている」、子供が夢中になるモノがきっかけとなるほうが、子供の食いつきは良いかもしれない。(うまく誘導すれば)

たしかに、そういう「大好きなモノ」のバックグラウンドが、神話や民話や科学など、奥深い世界と繋がっていると、知るならば。
子供ってワクワクすると思うのですよね(だって、私だってワクワクする!)




それは、私にとって、子供と、いっぱいいっぱい、楽しい会話をするための、種まきのつもりです。

ま、その「種まき」をする知識が、両親のシュミに偏りがちというのは、目をつぶっていただくとして!!
(しょーがないじゃーん…ってことで、そこは諦めていただくしか)

その後、その知識をどう受け止め、どう料理するのか、どんな道を進むかというのは、あくまでも「子供次第」だと腹をくくりつつ、(だから自分の思う通りの道を進まずとも、失望してはならぬ)


でも、「きっかけ」作りだけは、たっぷりと。
子供等の反応を見つつ、チョットずつチョットずつ、とっても楽しくて奥深くてオタッキーな知の世界へ、子供らを誘いたいと、
子供らの行動を注意深く見守りつつ、テグスネひいて、待ち構えとこうと思っていますwww



それが母の目論み。

子供の好奇心が、プツプツっと!湧いた瞬間に立ち会える、幸せ。
その好奇心の種に、すかさず水をあげられる、幸せ。
ついでにこんなのはどう!!と、さらに追加で種を蒔いちゃえる、幸せ。

「子育てのダイゴミ」って、こーゆーことなのかしらん? とさえ思う今日このごろです。
あー楽しいなぁ。

。。。

ヒドラといえば、そういえば同名の
クラゲ目ヒドラ科の刺胞動物もいた!
こっちもいつか紹介してあげたいなぁ。これも面白い動物なのですよねーん。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちらをクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム