Entries

「級取得」という罠・その2

この話の続きです。

児童数検定4級の過去問を開くや、ショックを受けるワタクシ。

お母さん、火って何から出来ているの?

こ、これは、
むずかしいっ!!!


4級は、「小学生3年生の算数を終了程度の知識が必要」とのことは聞いてましたが。
ごめんなさい、小学生の学習要綱を、私はちっとも把握してなかった。



お母さん、火って何から出来ているの?
見てみると、
問題の内容は、まずは3桁の足し算、引き算。
3桁×1桁のかけ算。2桁×2桁のかけ算。
2桁÷1桁の割り算。

30を100倍した数はなんでしょう、という問題。
そして筆算の穴埋め問題。
などなど。


つまり、問題はずっと複雑で、指算数だと数を数えるのも追いつかず、
九九さえできれば解けるってレベルでもなかった訳です。





30を100倍した数はなんでしょう、という問題は、筆算の概念が分かっていないと理解できない問題だし、
筆算の穴埋め問題も同様。


タロウなんか、九九をやっとなんとかマスターし終わった時点で、筆算、ナニソレ?状態。

そんな状態で、このような問題に取り組ませる(ましてやテスト!)なんて、時期尚早もいいとこだった…ってことです。


がしかし、
タロウ本人もこれまで頑張ってきたし、
5級もギリギリ合格したし、もしかしたら、今からこれで勉強したら、4級もギリギリいけるんじゃないか…?
なんて、夢を見てしまったワタシ。

お母さん、火って何から出来ているの?

まぁ一応タロウも、算数に関しては、なんだかかなりの?自信があるらしくて。
やる気だけはマンマンにあった訳です。

(ちなみに国語に関してはサッパリこの種の自信が働かないらしく、同じように学校から受験を案内された「漢字検定」は受ける気ナッシング…。よってパスしてます)




てなことで、過去問を説きながら、対策勉強のはじまり。

2桁のかけ算の筆算を教え、割り算を教え、単位の変換を教え、
いきなり倍速の勉強がはじまりました。



タロウも、最初の頃はかなり意欲的で、どんどん吸収はしてくれたのですが。
(筆算あたりまでは、なんとか理解はできたようです)

しかし、倍速勉強は、促成栽培は、やはり無理があった。


タロウの思考が、みるみる停止していくのが、手に取るように分かりましてねー…

お母さん、火って何から出来ているの?


そんな彼に、私もイライラしちゃって。

お母さん、火って何から出来ているの?

抑えても、抑えても沸き上がってきてしまう、イライラの感情。

なんで、そんなところでグズグズしてるの。
早く、理解してちょーだいっ!早く理解しないと、ここをクリアして次のステップにいかないと、テストに間に合わないじゃないっ!!!

声には出さなかったけれど、
多分、その時の私の心を占めていたのは、こんな気持ちだったような…


問題の前で、停止しているタロウの後ろで、
イライライライライライライライライライライラ


イライラマックス!!!




私怒り
「…だからね、コレがこうで、コレがこうこうなってて、コレがこうってさっき教えたでしょ。理解してるの!?」


つい解説する声にもイライラがにじみでてしまって、


タロウ涙困り
「…わかんないーー」

彼もついに涙声になってしまった。


この日はたまたま土日で、ちょうどそこに居合わせたダンナが

ダンナ目開け口開け汗
「お母さん!そんなにイライラしないの。タロウは十分頑張ってるよ!」

ってフォローするくらい。
(いつもは厳しいダンナが、子供のフォローをするなんて…!いつもと逆じゃーないか)


それくらい、私、イライラでテンパってしまいました。






ダメだ。
今、私、ダメだ。

焦りで、なんか、おかしくなってる。




で、

私目閉じ口開け
「もういいよ。これ、今のタロウには無理だった。やめよっ!」


と切り出したのですが、これも彼にとっては私の「怒り」に聞こえてしまったようで、

お母さん、火って何から出来ているの?

彼のフリーズした表情に、またシマッタ!と思ったのでした。


ごめんね。

そんな言い方をしてしまって、お母さん、ズルかったね。






私は、要らぬ期待を息子によせてしまって、しかし壁にぶちあたり、
その壁に、一人で焦って、一人で怒ってしまっていたのです。




親が勝手に期待をよせて、勝手に失望することほど、子供にとって迷惑な話はない。




お母さん、深く深く反省しました。ごめんね。









で、問題の過去問プリントは脇に押しやり、いつものドリルを始めました。

こちらは一つもひっかかることなく、スイスイスイスイーーーっと楽勝(笑)



そんな彼の横で、私は気を持たせるつもりで

私横目汗
「こっちは、カンタンだねー。
 これまで難しい問題やってたから、余計に、コッチの問題が赤ちゃんの問題みたいにカンタンにみえちゃうねー」

と言ってみたところ



お母さん、火って何から出来ているの?




アナタのその単純さに、お母さんは救われてますよホント






。。。

ママ友に言われた言葉。
「文部省の学習指導要綱は良く考えられてるんだよ、ダテじゃない」
ってこと。そのとおりだなと、思いました。
勇み足は良い事なし。
先取り勉強は、楽しいうちは良いけれど、苦痛になったらやめるべし!でした。ホント。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちらをクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム