Entries

不合格イメージを持つ、ということ

お母さん、火って何から出来ているの?
2012すくパラブログコンテストに応募しました。
「子育て部門」にエントリーしています。こちら

投票方法:
(PCの方)
http://sukupara.jp/msg_new_send.php?user_id=0 

(携帯の方)
http://m.sukupara.jp/msg_edit.php?user_id=0 

 「件名」欄に、

子育て部門・23番 ふるまり

と書いてお送りください。
応援よろしくお願いいたします☆

今回の記事はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

。。。。。。。。。。。。

この記事の続きです


(シリーズ:中学受験を考える)
中学受験よもやま話・その1
中学受験よもやま話・その2
中学受験よもやま話・その3


中学受験に際して、親の「覚悟」として、

「不合格イメージも、同時に持つ」

ってこと。大事だなぁと書きましたが。



これって、誤解しないでいただきたいのは、私が言いたいのは、
「ウチの子は、どうせダメだろう」
って思うべき、ってことじゃー、ないんです。


塾の先生をはじめ、子供を囲む受験体制としては、子供に対して、
「合格イメージをしっかり持たせる」
ってことを、すると思うんですよね。


アップ(UPアップ) のイメージを、頭に描くことで、夢を実現させる力にすること。
これはイメトレとしても、非常に大事な事だし、
子供と一緒に、親ものっかるべきだと思います。


でも。
親としては。

アップ(UPアップ) アップ(UPアップ) アップ(UPアップ) のイメージだけで、

「何が何でも第一志望。そこ以外は、考えられない!!」


って熱くなってしまうと。とたんに視野が狭くなってしまうんですよね。ガーン

視野が狭くなったときに、何が怖いかというと、
「それ以外」の結果になってしまったときに、
気持ちがイッキに崩れてしまう。




それで、あからさまにガッカリした態度をとってしまったり、

「アレが悪かった、コレが悪かった」
と子供を責める態度をとってしまったり、

「あの学校が良かったのに…」
なんて、未練タラタラなことを言ってしまったり、

「あの子が受かって、うちの子が受からなかったなんて!」
と、僻み嫉みのような事を口に出してしまったり、するのだと思いますよ。



親として、ソレ言っちゃう気持ちも分かる。
分かるけれどもさーーー。



多分、中学受験っていうのは、子供にとって、
初めて体験する「極限状態」なのだと思います。

そうやって、子供がせいいっぱい頑張って、ダメだったときに…
親の「つい、ポロリと言ってしまったネガティブな一言」って、キッツイですよーーーー。

一生、残ったりもします。下手すると。

親子って、チョットした失言はやりとりするし、それは日々のコミュニケーションでカバーしていくと思うのだけど、
極限状態で、キツイ言葉に晒されるっていうのは…。やはり痛い。
親と子の、「信用問題」にも関わってきてしまうと、思う。





だからね、それを防ぐために。
やはり、親としての「覚悟」が、大事だと思うの!
覚悟をきめておいて、しっかり事前にイメトレしておくべきだと、最近しみじみと思いました。


そのためには、やはりアップ(UPアップ) のイメージとともに、
ダウン(DOWNダウン)のイメージも、心のどこかで持っておく事が、大事。


でも、気をつけるべきなのは、子供のアップ(UPアップ) のイメージを損なわないために、
ダウン(DOWNダウン)のイメージは、親が一人、胸の内だけに持っておく。


ダウン(DOWNダウン)のイメージは、子供を受け止めるための、いざというときの、保険なんですね。


でも、その保険さえ持っておけば。
そうすれば、何があっても動じず、ポジティブな気持ちに繫げることができる。

子供に対する、度量の深さを、懐の深さに繫げることができるのではと、思うのです。




アップ(UPアップ=合格したとき)と、
ダウン(DOWNダウン=不合格だったとき)、
つまり、上のイメージと下のイメージ、同時に持っておく事。


「絶対合格ーーーー!!アップアップ」って、子供と一緒に熱中しすぎず、
親はどこか一歩引いて、上と下、同時に抑えておくこと。

心の「保険」を持っておいて、心のゆとりをしっかりと保っておく事。
これが、親としての大事な心構えなのではなかろーかと。



中学受験に関しては、ネガティブな感情もいろいろと渦巻くので、
以前からモヤモヤと思う事があったのだけれども。

これ、最近、ハタと気付いたことですわ(笑)


続きます。

。。。
なんだかんだいって、子供は親の顔色を良く見てますからね。
フトした仕草で、親は「本音」を出してしまわないように、
子供に当たってしまわないように、
自分自身をしっかりコントロールしておかなくては
いけないと思います。
だって、そもそもは「子供の幸せ」のために受験に挑んでいるのですから!
それが達成できなかったら、本末転倒だと思うなりよ。

お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちらをクリック!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ふるまり

Author:ふるまり
「勉強」って楽しい!
知れば知るほど視野が広がり、世界が広がり、とてもワクワクするものなのだと思うのです。
そんな「ワクワク」を子どもと共有できたらいいな。
イラストや漫画の仕事をぼちぼちやっています

イラストレーターズ通信会員。
日本折紙協会認定 折紙講師。
※限定記事とブロともについて(お読み下さい)

詳しいお仕事履歴はこちら

Facebookはこちら

本の感想を書き散らしています。
読書メーターはこちら

たまにつぶやいています。
Twitterはこちら

Instagram はじめました furumari00


ホームページ


※ブログ内における画像の無断借用・無断転載はお断りしています。

お仕事のご紹介

朝日小学生新聞にて「ニュースそれってど〜いうこと!?」連載中!


新刊出ました!


おかげさまで重版出来!


おかげさまでAmazonベストセラー1位獲得!魚拓


漫画描きました。テーマは「放射線」!


表紙&挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


挿絵描いてます


ほか、色々お仕事承り中!詳しくはこちら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム